読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vクラさん300人に聞いた沼にハマる前後のイメージ調査の結果【後編】

 
 
 

 

先日このブログで書いたVクラさん300人に聞いたアンケート結果後編です。前回の最後にも書いたように今回はV6の各メンバーのイメージの集計結果をもとにあれやこれや考察していけたらいいなと思っています。アンケート概要は前回の記事をチェックしてみてください。

 

managonnnouradeoma.hatenadiary.com

 

 

 V6沼にハマる前後のイメージ結果【メンバー編】

 

f:id:managonnnoura:20160624225157p:image

 
 

坂本昌行

f:id:managonnnoura:20160624225301p:image

f:id:managonnnoura:20160624225313p:image

【考察】

圧倒的に知らなかったという意見が多かった中で外見(例:おじさん、鼻の穴大きい)の意見とは別に歌の上手さをご存知の方が多数いたというのはさすがミュージカルスター。ハマった後の意見では、セクシーな見た目とは裏腹なビビりでゆるふわ天然なギャップに殺されている方多数。ギャップがありすぎて心配し始めたり、魅力的すぎて何故かキレてる口調の方も多く、その魅力は「神様のイタズラ」と称す方も。One dishの影響からか、女子力が高いという意見も多く、JKに例えられたり乙女と言われたり嫁に来いと言われたり、坂本さんにとって現代は大変嫁入りしやすい環境にあることが伺える。しかもシンメである長野さんとの夫婦問題では「Darling Darling いいんじゃない? 長野に弱い坂本にgoodキテる(2003年5月28日発売V6/Darlingに合わせて)」の大合唱で全員がウェルカムムード。でもやっぱり坂本くんは確実に尻に敷かれるタイプの旦那だと思うから長野くんに嫁に来てほしい。結婚30周年の真珠婚式に呼んでほしい。

 

長野博

f:id:managonnnoura:20160624230619p:image

f:id:managonnnoura:20160624230633p:image

【考察】

圧倒的に知らなかったという意見が多かったが、ティガやグルメなどキャラを認識している方もいた。「優しそう」というハマる前の意見も大変票を集めていたので、内なる優しさがただ漏れの聖母マリア像、もしくは大仏様的なオーラが語らずとも出ているのだろう(確信)。それは沼にハマった後も同じで崇拝している人が実に多かった。それは宗教を開ける勢いでありがたがれている。KinKi Kids堂本剛さんが以前街中でファンの方に会って素通りもなんだと思い振り返ったら手を合わせて拝まれていたことがあると言っていたが、きっと長野くんが言わないだけで絶対そういう経験をしているはず。聖母と呼ばれているくらいだから、合掌というより十字を切られてそう。「天使であり悪魔であり聖母であり神である」という意見もあり、天界は彼1人が司っていると見て間違いないだろう。また、その穏やかさとは打って変わったブラックさや冷たさも大人気で、ヘンサーチの「お前俺の奴隷だからな」発言からなのか奴隷にされたいと宣うファンも少なくなかった。 お尻をメンバーだけでなくファンからも狙われており、いつか森田さんが言った「自分のケツは自分で守らないと!」という助言を今一度長野くんに伝えたい。坂本くん同様、夫婦をゴリ押しするファンも多かった。夫婦 is 番い。

 

井ノ原快彦 編

f:id:managonnnoura:20160626024830p:image

f:id:managonnnoura:20160626024844p:image

【考察】

沼にハマる前から知名度の高いさすが日本の朝の顔。CMのイメージやポンキッキーズ、9係のイメージの方も多かった。かつてしゃべくりで好感度お化けと呼ばれていたが、その通りマイナス面のイメージは一つもない。知名度も好感度も高い井ノ原さんの沼ハマり後のイメージで一番多かったのが歌が上手いという意見。「イノッチが歌上手いなんて知らなかった!」という意見が多かった。そんな美声をすぐ無駄遣いする井ノ原さん愛しい。また、「パパになってほしい!」「彼氏というより旦那にしたい」「幸せな家庭を築きたい」「井ノ原家に入りたい」という家庭的なイメージが強かった。井ノ原さん結婚して!あ!既婚者じゃん!と悶え苦しんでいるファンに「ラブセンやってもらって…」という井ノ原さんお得意の宣伝の幻聴が聞こえてくるのは私だけだろうか、いやそんなはずはない(反語)。急なパパ感や既婚者感を滲ませるのは大量にファンの息の根を止めていることに気づいてもらいたい次第(とてもいい意味)。ここで以前書いた井ノ原快彦結婚指輪殺人事件の全貌を独自の目線で切り取った記事を貼っとくのでよかったら覗いてみて下さい。

 

managonnnouradeoma.hatenadiary.com

 

井ノ原さんのグループ内での立ち位置は皆さん中間管理職・仲介人というトニセンとカミセンの架け橋的存在という認識があるようで、ファンに笑顔でいることを望まれている。コンサート挨拶などで私たちが笑顔でいることを望む井ノ原さんと、井ノ原さんが笑顔でいることを望む私たち…ハートフルすぎるアイドルとファンの関係性に全米が泣いている。

 

森田剛

f:id:managonnnoura:20160701110439p:image

f:id:managonnnoura:20160701110459p:image

【考察】

今回の調査で一番前後の振り幅が大きかったのは間違えなく我らが宇宙のカリスマ森田さんである。「怖い」「ヤンキー」「チャラい」という元来爽やか王子様系アイドルを目指すべきとされるジャニーズアイドルにあってはならない言葉のオンパレードで幕を開ける。しかし、沼にハマって沈んでいる我々は語るのだ。「かわいい!!!!(大声)」と(倒置法)。森田剛=フェアリー属天使科天使目という方程式は絶対的である。森田さんを語る我々は何かと森田さんを語るとき、やれフェアリーだ、やれ天使だと騒ぎ、何かと彼の背中に羽根がある(2001年2月7日発売 KinKi Kids/僕の背中には羽根がある)ことを黙認しているが、世の中にはこの世にもかわいい生物の存在を知らないという人もいるみたいなのでなんとかして知ってもらいたいと憤っている方や、かわいいが渋滞しすぎていて坂本さんの時と同様キレた口調でデレデレに愛でる方が多かった。かわいいのかたまり(2001年11月14日発売Hey!みんな元気かい?収録 愛のかたまり/KinKi Kids)。また、森田さんが何気なく口にする言葉にハッとさせられた経験が皆さんあるらしく、言葉にパワーを感じると書いてくださった方も多かった。特に昨年のSONGSで岡田さんに向けた「(数々の映画やドラマで主演を務める)岡田が背負ってるものとかわからないけれど、こうして集まってる時くらいは笑っててほしい」と言った言葉や、20周年の企画で作った「〜此処から〜」の歌詞で「ここからいなくならないで」というワードをチョイスする森田さんのメンバー愛溢れる言葉に殺されている。コンサートのファンサに関しては「見つめる度に恋(2005年3月16日発売 NEWS/チェリッシュより抜粋)」という言葉が総合的に見て適切でこれ以上にないなと思ったので、まだ新規ファンで見たことない!という方は是非コンサートDVDでチェックしてみてください。

 

三宅健

f:id:managonnnoura:20160701113049p:image

f:id:managonnnoura:20160701113101p:image

【考察】

今回の調査で唯一前後のイメージが一致した悲しいほどにアイドルさん。満場一致の「かわいい」という意見は最早説明するまでもない。ただかわいいのニュアンスは前後で差がある。前のイメージは外見の問題である。後のイメージは9.5割が「あざとい(かわいい)」という性格的なイメージになっている。その可愛さでファンを三宅さんにデレデレのゲロ甘なモンペにさせているところはさすがとしか言いようがないし、教育というか躾が行き届いている。オタクを手の上で転がしている感じがたまらない。井ノ原さんに「ジャンルが三宅健」と言われた通り、悲しいほどにアイドルを地で行くアイドルとしての素質には脱帽するしかないが、VS嵐などで見せるポンコツぶりはほっとけない(ここで強火三宅担岡田さんの「ほっとけない!(満面の笑み)」という幻聴が聞こえる)。また、女子力が高すぎてファンは自分が女性だと名乗るのが恐れ多いと思っていたり、毎週月曜深夜のラジオ「三宅健のラヂオ」は美容専門チャンネルと思っている方も多い。スマホゲームをしながらラジオを収録してリスナーに怒られたり、脚フェチだと言ってリスナーから生足の写真が大量に送られてきたのを見て悪態をつきながら興奮したりしている世にも不思議な美容番組である。いろんな意味で人間離れしている感じはあるが、本人の考え方やものの見方はかなり人間臭く、色んな葛藤を抱きながら生活されている三宅さんを温かい目でファンは見つめている。

 

岡田准一

f:id:managonnnoura:20160701115009p:image

f:id:managonnnoura:20160701115029p:image

【考察】

さすがアカデミー俳優だけあってドラマや映画など俳優のイメージが強く、その彫刻のような顔立ちも相まってかっこよくてクールなイメージを持たれていたにも関わらず、沼に沈むファンの意見は先ほどの三宅さんと違ってとことん褒めて貶していくスタイルを貫かれているのが清々しい。どれだけ沼にハマる前「かっこいい!クール!」と言っていてもハマった後は「変態ゴリラ」「ケツハンター」「おケツを求めて三千里」「お年玉妖怪」「ホモ」どうしてこうなった!!!!(大声)いらない二つ名を与えられすぎではないだろうか。しかしどれだけ貶していてもV6が誇る最強の末っ子なので、V5同様ファンも岡田さんに甘い。「成長が涙ぐましい」という意見は岡田さんならではだなと思う。この話題についてはトニセンと(特に坂本さんと)酒を酌み交わし泣きながら語りたいものである。また、俳優の時の岡田さんとV6の時の岡田さんのギャップに殺され沼に足を突っ込む者が多いからか、「V6沼の入り口」という二つ名まで与えられている。俳優の時とは違う、お兄ちゃんたちに頼り切って甘えっぱなしで喋り方が急に幼くなる感じは、確かに殺人級のギャップである。現在こそそんなかわいい岡田さんですが、メンバーへの遅れてきた反抗期が長引き、アイドル劣等生のレッテルを自ら貼り付けていた時代を知ると、ファンの皆さんは森田さんの「こうして集まってる時ぐらいは何も考えず笑っててほしい」だとか三宅さんの「オカダはオカダ」と言う言葉に目頭を押さえざるを得ない。現在でも十分かわいいが(モンペ)、皆さん美人期に想いを馳せている様子。

 

 

1ヶ月以上の時間をかけてようやく終わった今回のアンケートでしたがいかがだったでしょうか。改めてご協力いただいた300人のVクラさんにお礼申し上げます。本当に熱のあるコメントがたくさんで、今回のアンケートの目的であったオタク楽しい!の状態をこの結果でも楽しんでいただけたなら幸いです。またアンケートをTwitter(@managonnnoura)で呼びかけることがあるかもしれませんが、その時はご気軽に参加していただけると嬉しいです!オタク楽しい!